嬉しいこと(すみません、ほぼひとり言)

ぐっすり眠りたいから、就寝の1時間位前はスマホやコンピュータをできるだけ見ないようにしている。ところが手持ち無沙汰なんですね〜、これが。本を読みたくても紙の本を大量処分してしまって、多くの本はディバイスかクラウドの中。昨日は散歩かたがた紙の本を探しに本屋さんに行ってみたが欲しい本がなくて、古本屋さんに行ってみた。

あっっったーーーーーー!Ted Chiang の Stories of Your Life!

かつて日本語で最初は読んだのだけどなんかよく分からないところが多い。しょうがないから原文も読んでみたけどやっぱり分からないところ多い。でも物凄く惹かれた。この2、3日また無性に読みたくなったので探しに探したが、英語版が見つからず、あーあどこ行ったんだろとしょんぼりしていたところ、あったんですねご近所の古本屋さんに、英語版が。緊急事態宣言延長発令中この喜びは筆舌につくし難く…心は青空のように冴え渡り、生きててよかった状態。

新しい発見がたくさんあって、やっぱり面白すぎて…ガーン!ぐっすり睡眠どころか今朝は超寝不足ですがなんか元気です。ひとり言失礼しました。昨日はアナログな喜びを経験して誠に気分が良かったので….

『時間』が潜在的テーマの本を多く読んでしまうのは音楽が時間芸術だからかな?というか生活そのものが時間芸術だよね!多分ね。

読んでくださった皆様、Have a good day!